投資用ワンルームマンションは財テク初心者でも始められる手法

売却まできっちり達成


新築マンション

投資用ワンルームマンションに限らず、自宅も含めてすべての不動産は、価値の低下は回避不能であるという現実から逃げることはできません。
どのような不動産であっても、新築が価値のピークで、それ以降は資産価値がずっと低下していくルールが必ず存在します。
ですから、資産価値が低下していく中でどのタイミングで売却するのか、それが非常に重要なポイントです。
適切なポイントを見出しつつ、適切な手法で売却することができれば、家賃収入も含めて黒字でその不動産投資を終えることが可能です。
この時に欠かせないのは、どうやって売却するのかということと、しっかりと所有している物件を管理していること、その二点に集約されます。

不動産投資において欠かすことができないのが、どのような物件でも売却は複数業者へ打診することです。
一つの業者に見積りをしてもらうのではなく、様々な業者に見積もりをとってもらうことによって、客観的な視点から本来の資産価値が見えてきます。
業者によって、とにかく高い資産価値を提示して契約を取ることを狙っている場合や、慎重な取引を進めるために意識的に安く見積もっている場合など、様々なケースがあります。
それも、様々な業者の見積もりを取ることによって初めて見えてくることです。
ですから、投資用ワンルームマンションの見積もりを取るときも可能な限り多くの業者に打診することが大切です。

低下する投資用ワンルームマンションの資産価値を高める方法は、管理体制をきちんとすること、そして付加価値を付けることにあります。
管理体制という点では、トラックレコードと呼ばれる、管理記録を作っておくことが重要です。
いつ建設されてどのような建物で、売却しようとしている現在までにどんな人物が入居して、さらに修繕工事を行った箇所はどこなのか。
今現在までの物件の経歴を余すことなく記載してある物件は、次のオーナーが安心して購入できる材料があることで資産価値の低下を軽減できます。

また、予め入居者付ができていて、できれば満室の状態で取引されることは査定額を高めるために必須です。
満室状態であれば、共用部の査定のみで評価額がつけられることが多く、入居者の利用によって起きる損傷が評価額の原産を生まないからです。
さらに、次のオーナーがいきなり収入を得ることができるという点から、売れやすくなる点も見逃せません。