投資用ワンルームマンションは財テク初心者でも始められる手法

単身者世帯の増加


一人暮らし

投資用ワンルームマンションを所有することは、ターゲットとなる単身者世帯に訴えかけられる適切なキャパシティがあります。
そして、単身者世帯は現在どんどん増えていっていることにも注目できます。
それは、学生の一人暮らしはもちろんのことながら、実家を離れて暮らすサラリーマンも多いという現状。そして家族間の関わりが希薄になりつつある現代人の心理などが関わっています。
そういった様々な事情を加味すると、現在では一人暮らしを行う事に大きな需要があることは間違いありません。
もちろん、通学や通勤の目的のために一人暮らしをしたいと思う層ばかりがターゲットではありません。
繁華街の近くに住みたいと思う若者や、若くして離婚をしたシングルマザーなど、部屋数が多くなくていいから利便性が高く安価な住居で、しかも良い物件に住みたいと思う人口は多いです。
顧客満足度が高い物件を提供できることによって、収益を上げやすい環境にあることがこの投資を行うことの意味であるといえます。

不動産投資を行うにあたっては、入居者獲得の必要性が非常に大きいです。
その理由として、不動産を貸し出して収益を得るにあたって唯一の収入源が家賃収入だからです。
つまり、入居者が獲得できる物件を手に入れないと、そもそも収入が手に入らないということが断言できます。
ですから、投資用ワンルームマンションを手に入れることはもっとも入居者獲得をしやすい環境にあるという点に注目できます。
全体の人口に対して単身者世帯は非常に多いため、物件としての需要も非常に高いからです。
入居者獲得の必要性を満たすことができる可能性が、ファミリー物件よりも確実に高い点が収益に繋がります。
それを補強する理由に、単身者世帯で一人暮らしをする人間の多くは、賃貸物件を借りるしか家を確保する手段がないという点も挙げられます。
その結果、需要がなくなることがないという点も、収益につながる理由の一つとして挙げられます。